HOME » 主なiPhone修理の費用相場と注意点 » バッテリー故障

バッテリー故障

iPhoneを使い続けていくうちにもたなくなるバッテリー。交換費用の目安や、バッテリーを長持ちさせる方法を紹介。

【iPhone】バッテリー故障の修理費用相場

iPhoneのモデル Apple Storeの修理費用目安 非正規店の修理費用目安
6s Plus 8,800円 約5,500円~
6 Plus 8,800円 約5,500円~
6s 8,800円 約5,500円~
6 8,800円 約5,500円~

フル充電してもすぐに電池がなくなったり、長く充電しているのになかなかフル充電されないという場合には、バッテリーが寿命を迎えているのかもしれません。劣化したバッテリーを使い続けると、バッテリーが膨張してしまうことがあるので、早めに交換することをおすすめします。

アップルストアでのバッテリー交換は、Apple 製品限定保証の対象か、AppleCare+に加入してれば無料、保証外なら8,800円(税別)がかかります。ただしAppleCare+の保証は、「バッテリーの蓄電容量が本来の80%未満に劣化した時点で」という条件があります。

AppleCare+に加入していない場合や、加入していても保証外になるのであれば、修理業者に依頼したほうが費用は安くなります。その日のうちに交換してもらえるので、お急ぎの場合にもおすすめです。

このサイトでは、名古屋駅、栄周辺にある、おすすめのiPhone修理業者のサービス特徴や割引特典、費用をまとめたページもありますので、参考にしてください。

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法

バッテリーの消耗は、長年使い続ければ仕方のないことですが、少しでも長持ちさせる方法もあります。バッテリーイメージ画像

  • 充電が完了したらやめる
    フル充電になったのにいつまでも充電をしていると、バッテリーが劣化しやすくなります。充電が完了したら、なるべく早く充電器を外しましょう。寝る前に充電をする人も多いと思いますが、過充電になりやすいので注意。夜中に目が覚めた時点でフル充電されていたらやめるか、タイマー付きのコンセントなどを使用するといいでしょう。
  • 充電しながら使わない
    充電しながらiPhoneを使うと、熱がこもってバッテリーが劣化しやすくなるといわれています。
  • 省エネ設定をする
    画面の明るさを調整したり、電池の減りが遅くなるよう、省エネ設定にするのもおすすめです。
  • 暑すぎ寒すぎに注意
    暑すぎる場所や寒すぎる場所に長時間置きっぱなしにしたり、そのような場所で充電をすると電池が劣化しやすくなります。とくに、夏の車内に放置しないように注意しましょう。