水没・水漏れ

iPhoneを水没させてしまった場合の注意点と、修理費用の相場についてまとめています。

【iPhone】水没・水漏れの修理費用相場

iPhoneのモデル Apple Storeの修理費用目安 非正規店の修理費用目安
6s Plus 36,800円 約5,000円~
6 Plus 36,800円 約5,000円~
6s 33,800円 約5,000円~
6 33,800円 約5,000円~

水没は保証対象外となるため、アップルストアでの修理は、iPhone6、iPhone6sなら33,800円(税別)、iPhone6sPlus、iPhone6Plusなら36,800円(税別)がかかります。AppleCare加入の場合は、全機種11,800円(税別)となりますが、加入には14,800円(税別)が必要です。

修理業者での水没修理の費用相場は、目安として5,000円くらいからというところが多いようです。修理業者によって異なりますが、Apple Storeよりも、かなり安い価格で修理してもらうことができます。

このサイトでは、名古屋駅、栄周辺にある、おすすめのiPhone修理業者のサービス特徴や割引特典、費用をまとめたページもありますので、参考にしてください。

水没した時の注意点

スマホ水没イメージ画像

どこにでも持ち運べて、どこででも見られるため、iPhoneをトイレやお風呂場に持っていくという人も多いと思います。

けれども、iPhoneは精密機器。精密機器にとっての大敵は、なんといっても水分です。もちろん水がかからないように、水中に落とさないように細心の注意を払っているとは思います。しかし注意をしていても、水没事故は起きてしまうのです。

また、トイレやお風呂に持っていかなくても、ご飯を食べながらiPhoneを操作していて汁物をかけてしまった、ラーメンの中に落としてしまったという人もけっこういるのです。このように水没・水漏れは、iPhoneの意外と多い故障トラブルのひとつとなっています。

水没してしまうと、最悪の場合、データが消失してしまう恐れがあります。万一水没させてしまった場合には、慌てず、以下の対応をとりましょう。

  • 電源を切る
    内部の回線がショートするのを防ぐため、すぐに電源を切りましょう。
  • SIMカードを抜く
    iPhone本体の横にある小さな穴を、クリップなど先の細いもので押し込むと取り出せます。
  • 水分を拭き取る
    本体とSIMカードの水分を、タオルなどでやさしく押さえながら拭き取ります。イヤホン端子などの細かい部分は、綿棒やこよりにしたティッシュなどを使って吸い取ります。この時、中に入った水を出そうと本体を振ってはいけません。本体を振ることで、水気が他の部分にも入り込んでしまう恐れがあるためです。
  • ドライヤーは使わない
    早く乾かしたいからといってドライヤーを使うのはNGです。ドライヤーの熱によって内部が故障してしまうこともあります。

これらはあくまでも、水没後の応急処置です。時間が経てば経つほど復旧が難しくなります。データの消失を防ぐためにも、水没した場合にはすぐに修理に出すようにしましょう。